受験前の中学生のお子さんに家庭教師を付けてみませんか?

医者を目指すために

女医

効率良く勉強しよう

将来医学部を目指している人で、今からどこかの予備校に通いたいと考えている人は、まずは候補の予備校の評判を知ることが大切です。医学部合格は、国公立大学、私立大学を問わず最難関であり、評判の良い予備校に通って勉強することが合格への近道となります。医学部受験は、国公立大学を希望するのであればセンター試験で5教科7科目必要ですから、二次試験対策と並行して各科目の基礎学力を上げていかなければなりません。二次試験の内容は受験する学校によって様々なので、ホームページや各学校のパンフレットなどから情報収集しましょう。私立大学を受験する場合も、学校によって受験科目や出題範囲が異なるので、国公立大学同様、まずは情報集めから始めると良いです。行きたい大学を決めたら、医学部合格に向けて勉強を始めましょう。評判の良い予備校を探すには、知人や友人に聞くのが一つの方法です。知り合いで実際に医学部に合格した人がいたら、どこの予備校に通っていたか、そして、その予備校の評判はどうだったかを聞いてみましょう。実際に合格した人の体験談は分かりやすく、非常に参考になります。また、もし周りに聞く人がいなくても、学校の先生などに聞くと、色々な情報を教えてもらうことができます。自分に合った予備校を見つけたら、その予備校に足を運んで、どのようなカリキュラムが組まれているのか、サポート体制はどのようになっているのかなどを聞きましょう。そして、入学したら、医学部合格に向けて頑張って勉強し、志望校合格を勝ち取りましょう。