受験前の中学生のお子さんに家庭教師を付けてみませんか?

受験を経験する

ウーマン

中受は特殊である

学校への入学試験を受けるということは、日本で暮らす人なら誰しも経験する出来事でしょう。子育て世代には、我が子の受験について心配に考える人も少なくありません。受験する際の子どもの年齢も関係しますが、親御さん世代といまの子ども世代とでそれは大きく異なっていると言っても過言ではありません。受験のしくみそのものが多様化しているのはもちろん、ゆとりからの脱却が叫ばれる現代の教育を背景とし、子どもたちには受験についても多くの知識や能力を求めたてるようになっています。そのため勉強法にも工夫が必要なのです。特に中学受験を検討している場合は、義務教育ではあまり触れることのなくなった内容について理解し身につける必要があります。その勉強法はさまざまですが、多くの受験生は早い段階で中学受験を志し、遅くとも小学四年生から中学受験へ向けた学習を始めます。中学受験では、義務教育で学習する内容を基礎とし応用問題が解けるのはもちろんのこと、特殊算や長文読解、四字熟語などの幅広い知識が求められます。膨大な知識を確実に身につけるためには、反復学習が効果的です。この勉強法は、人間の脳は物事を忘れるようにできているということを理解した上で、忘れては覚えての繰り返しを行います。繰り返すことで忘れてしまう割合を減らすことができるので、知識の定着を図ります。中学受験を志す多くの子どもは学習塾を利用しています。中学受験を取り扱う学習塾では、知識定着を図るこの勉強法を授業や宿題、塾内テストといったカリキュラムへ組込んでいます。