受験前の中学生のお子さんに家庭教師を付けてみませんか?

上手くしゃべる必要はない

女性

苦手なら準備をする

受験や就職活動など、自分にとって人生の節目のなる大事な試験では、面接が科されます。面接が苦手とか、苦手ではなくても得意でないと思っている人はとても多いです。最近はスマホやSNSの普及で、相手の顔を見なくても言いたいことを伝達できるので、余計に面接が苦手という人が増えています。しかし、苦手だとしても面接を回避できるわけではありません。苦手ならば、しっかりと準備をして対策を練って面接に臨めばよいのです。例えば、聞かれる可能性が高い質問に対する答えを用意しておくことは必須です。なぜこの学校を志望したのか、もし採用されたら会社でどんな仕事をしたいのか、などです。こういう質問をスラスラと答えられないようでは、相手方に準備不足だなと思われ減点対象になりかねません。問題は、想定外の質問をされた時です。どんな準備をしていても、予想していなかった質問をされることはあります。その時は、うまく答ええようとしないで、思ったことをありのままに伝えれば大丈夫です。困って黙ってしまうのが1番よくありません。あとは、服装や言葉遣いなど最低限のマナーは求められます。まだ社会に出ていない年齢なので、過度にマナーを意識しすぎる必要はありません。しかし、相手を不愉快にさせてしまうくらいのマナー違反は、やはり減点になります。マナー違反は自分で気が付きにくいので、友人や先輩など他人に指摘されることもあります。そういう時は、謙虚にアドバイスに耳を傾けましょう。